HOME>イチオシ情報>安全なキャットフードを選ぶためにも猫の体について知ろう

安全なキャットフードを選ぶためにも猫の体について知ろう

ネコ

暑いところで生まれた動物

可愛らしい仕草で近年、ペットとして飼う方が増えている「猫」ですが、もし家族に向かい入れるのであれば、猫の事について詳しく情報を仕入れておきましょう。猫の体質などに合った飼育をしなければ、成長を妨げてしまうだけでなく大きな病気を引き起こしてしまう、原因を自分で作ってしまう恐れもあるからです。猫の祖先は砂漠地帯に生息していた「リビアヤマネコ」と言われており、今から今から9500年から4000年前のどこかの段階で、人間と一緒に暮らし始めたと言われています。水がほとんど無い砂漠地帯で元々は暮していたヤマネコが祖先という事もあり、現代の猫もあまり水を飲まない傾向にあるようです。「猫は自分から進んで水を飲む事が少ないケースもある」という事を考慮して、安全なキャットフードで健康管理をしなければいけません。

犬と猫

腎臓の病気になりやすい

猫の祖先は砂漠地帯で暮らしていたリビアヤマネコという事もあり、水を飲む量が犬などと比較した場合少ないと言われています。水を飲む量が少ないという性質を持つ猫は、腎臓病を発症しやすいと言われているので、注意するようにしましょう。猫が腎臓病を起こす理由は色々とありますが、一説には飲水量が少なく濃縮した尿を作り出す際、腎臓に負担がかかり結果、腎臓病を起こしやすいと言われているようです。家族同然のペット、出来るだけ健康で長生きしてもらうには飼い主さんが、自分で健康管理をしてあげなくてはいけません。近年、市販のキャットフードの中には猫の健康に考慮した栄養バランス、成分で作られている商品も多くなってきました。毎日与えるキャットフードですので、健康をキープさせるためにも安全性の高いものを選ぶようにしましょう。腎臓の機能が衰え始めるシニアになったら、タンパク質やリンの配合量を調整したキャットフードを選ぶと、腎臓への負担を減らせるのでおすすめです。