HOME>イチオシ情報>猫の健康のために安全なキャットフードとは?必要な栄養素

猫の健康のために安全なキャットフードとは?必要な栄養素

飼い主と猫

タンパク質が大事

大切な家族の一員である猫ちゃんだからこそ、毎日の食事は安全なものを出してあげたいです。安全なキャットフードとは、身体に悪い食材や添加物を使っていないのはもちろん、猫本来がもつ食の性質に合ったフードであることが重要です。猫は肉食動物であるため、良質なタンパク質が豊富に含まれていることが大切です。生肉は鮮度が重要で、少しでも時間が経てば変質して食べられないのが一般的です。そのため現代でもフードの鮮度を気にする猫は多く、製造の段階から新鮮な肉を使用しているか、迅速にパッケージングされ店頭に並んでいるか、小分けパックになっているかなども気になるところです。タンパク質は植物性より動物性が望ましく、原材料自体も人間が食べるものと遜色ないような安全な規格のものが使われていると安心です。

ペットフード

低炭水化物がベスト

一方で、一般的なキャットフードにはよく炭水化物類が使われています。主に穀類ですが、これは安価で量を出すことができ、大量生産に向いているという利点があります。しかし猫は肉食動物なので穀類を初めとする炭水化物は消化吸収が苦手で、中には食欲低下やお腹の不調を引き起こしてしまうこともあります。また穀類はアレルギーの原因となることも多く、何となく体に合わなかったり皮膚がかゆそうな印象があったりすればそれが原因の可能性も考えられます。よって本当に猫のことを考えた安全なキャットフードは低炭水化物であることが望ましいです。低炭水化物ということはその分フードに含まれるタンパク質の割合が増えるため、このタンパク質部分の質の高さを見極めてキャットフードを選ぶことが大切です。